簡単すぎて難しいカンボジアの地名

日本のカンボジア支援団体が支援していた学校とZOOMをしたいと相談を受けましたが、 学校名と所在地の州名しか情報がありませんでした。


州の教育局に電話しても、そんなの知らんわ!と言われると思い自分で調べました。

シラミツブシ大作戦です。


カンボジアの住所は

州(カエト)

郡(スロック)

町(クム)

村(プーミ)

の順番で細かくなっています。

首都などの特別市は別になりますが、普通の州は上記の通りです。


そこで変な事に気が付きました。

郡の中に同じ名前の村が3つもあります。


その名も 『タマイ村』

タマイの意味は『新しい』です。


ひとつの郡に3つもあるので、当然となりの郡にもあります。

何度も見かける名前です。


私も小学校の調査で田舎に行って何回か見た気がします。

ちょっと気になって他の地方も調べてみたら、他も何カ所もタマイ村があります。


同じ町に2か所もある場合もあり、

その時は流石に

『第一タマイ村』

『第ニタマイ村』

と番号がついていました。


うーん。

あんまり難しい名前だと読めない人がいたら困るのはわかりますが、 ちょっと数が多すぎると思います。

でもそれは日本人の勝手な先入観ともいえるかもしれません。


ちなみに学校名も私がたまたま知っている小学校と同じ名前です。

私がたまたま知っている学校名がカブるって事は、まだまだ同じ名前の小学校もたくさんありそうです。


下の写真は私が田舎で調査した『タマイ村小学校』です。

この小学校名も山ほどありそうですね!




閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

豚鼻焼き