カンボジアのローカルサッカー




ここのサッカー?フットサルのルールが日本とは全然違くてびっくりしたので少し皆さんにお伝えしようと思います。


まず人数ですが、7対7でやります。コートはフットサルコート。


コート小さいのに人数多いんですよね。


なので人がめっちゃ密集するんですよね。ボールを奪われない力が日本のフットサルやサッカーより求められます。


そしてそもそものルールの部分。


基本は日本のフットサルと同じなんですが、コーナーキックの部分がだいぶ違います。


日本では(というか世界のほとんどどこでも)自チームが最後に触ったボールが自陣のゴールラインを割った場合コーナーになりますが、カンボジアではあたったのが上半身だった場合コーナーにならずにゴールキックになります。


あと、ゴールキーパーが最後に触ったボールなら自陣のゴールラインを割ってもコーナーにならずゴールキックになります。


そしてゴールキーパーにはもう一つ特権が。


なんとバックパスを手でキャッチできちゃいます!!!


なので自陣でボールを取られそうになったらキーパに戻してキャッチする、なんて戦法もできちゃいます。


ほかにもちょっとした違いがあります。


日本でサッカーやられてる皆さん、一度カンボジアにきてローカルサッカーやってみてはいかがですか?

 

下のボタンをポチっと押していただけると執筆の励みになります!ぜひお願いします!








閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示