カンボジアの道路事情

こんにちは!

嶋本です!


今回はカンボジアの交通事情について書いてみたいと思います。


カンボジアの道を見たり通ったりして感じたことはとにかく皆自由であるということです!

ウインカーを出さない車やバイクは当たり前で、皆車も止めたい所に止めるし、バイクなら道の端なら逆走していても特に問題視されていませんでした。(笑)

バイクが市民の足となっているカンボジアでは小さな子どもがバイクに乗っているという光景も見られます。まだ全くバイクの座席から地面に足がつかないような2.3歳の子どもがお母さんと二人乗りをしていてとても驚きました。


このように自由なカンボジアの道ですが、自由な反面交通事故も多いようです。

実際スタッフのバイクに二人乗りをさせてもらっていた時も、横を走っているバイクが前のタクシーに車体をぶつけていました。(タクシーの人も気が付いてなかったのでなにごともないようにそのままスルーしていましたが笑)

この他にも道路を見ているとプノンペンの街中ではレクサスやベンツなどの高級車が走っている場合もあり、裕福な人と普通の人との貧富の差など道路一つで多くのことを考えさせられました。

          

            (夕方のラッシュ時の道路の様子)







                

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示